せどり風神2の使い方【完全版】

せどり風神は現在「せどり風神2」にバージョンアップしました。元々速かったレスポンスがより一層速くなり、他のツールとは比較にならないほど高スペックです。

高機能な分、設計が複雑な面もあるので使いこなせている人は少ないです。ぜひこの記事でせどり風神の使い方をマスターしてください。

せどり風神を無料で入手する

下のバナーをクリックして無料でせどり風神を手に入れてください。有料プランを契約しなくても1日100件まではずっと無料で使えます。

名前はニックネーム、メールアドレスもフリーメールでOKです。

せどり風神無料

せどり風神の基本概念

せどり風神は他のツールと基本概念が大きく異なります。

ほとんどのせどりツールは

  • 「Amazonから商品の情報を取ってきて、表示する」
  • 「設定したフィルタで仕入れるべき商品を表示させる」

という機能しかありませんが、せどり風神は全く異なります。

せどり風神は、各パラメータから商品の「価値」をはじき出します。

通常、ツールで商品の情報を入手したあとに仕入れるか判断する必要があります。

大抵は次のような事を考えるでしょう。

  • ランキングは◯位か、◯日くらいで売れそうだな
  • 他出品者は◯人か、値崩れは大丈夫そうだな
  • 最低価格は◯円か、これくらいなら仕入れても良さそうだな
  • レビューは◯件か、ランキングが低くても手堅く売れそうだな

せどり風神はランキング、他出品数、最低価格、レビュー数などあなたが仕入れ判断を行う時に使う要素を全て数値化します。さらに在庫リスクや値下がりリスクまでも考慮に入れてくれます。

(これらの要素はあなたの「これは1ヶ月以上売れないかな?」というあいまいな判断より、過去の販売データから弾き出すせどり風神の方が、精度が高いのは言うまでもありません。)

そしてそれらの要素を考慮に入れて商品の「価値」を弾き出してくれます。

ですから、「仕入れるか、仕入れないか」を頭で判断する必要が無くなります

価値が仕入れ値より高ければ仕入れる、低ければ仕入れない。ただそれだけです。

仕入れ値や必要利益などをきちんと設定しておけば、後はツールの判断通り仕入れれば良いだけです。だからアルバイトに仕入れを任せても同じ結果が出るのです。

検索結果の画面からモノレート(旧Amashow)やプライスチェックにもワンタッチで飛べるので、一つ一つさらに念入りに確認する事も可能です。価値の計算に関係するパラメーターとその意味はそれぞれ後述しますから、まずはツールの基本的な概念を押さえてください。

開発者の解説を一通り視聴する

せどり風神の価値決定アルゴリズムを理解するには、開発者の解説動画を一度見ておきましょう。

バージョンアップ前の画面で解説されていますが、基本的な考え方は変わっていません。一度で理解できる人はいないと思うので、何度も見返して下さい。

【ツール設定】配送方法

せどりからブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法

せどりからブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法

配送方法は「FBA」か「自己配送」ですから、あなたがお使いの配送方法を選択して下さい。選択した配送方法に応じて検索時にAmazonの手数料が計算されます。

ここで悩むのは、FBA在庫も自己配送在庫もある場合です。

例えば本は自己配送、CDはFBAという風にきれいに分けられる場合は、それぞれの商品を検索する前に設定を切り替えればOKです。きれいに分けることができない場合は「自己配送」で検索することをおすすめします。

自己配送はAmazon手数料が低いので、FBAでは利益が出ない商品もフィルタに引っ掛ける事ができます。そうしてたくさんの商品を一度表示させた上で、実際にFBAで売るのか、自己配送で売るのかによって仕入れ判断を行って下さい。

せどり風神無料

【ツール設定】必要利益

まず必要利益に含まれるものを理解しておきましょう。

必要利益=商品1点あたりの送料+出品にかかるコスト+基本成約手数料(小口出品の場合のみ)

それぞれについて解説します。

<参考>商品1点あたりの送料

商品1点あたりの送料とは、お客様から頂く送料のことではなくあなたがその商品を発送するのにかかる送料のことです。

自己配送であれば大抵の場合はメール便などの送料を記入する訳ですが、あなたと配送会社の契約内容や、商品の厚み、重さ次第で変わるはずです。1点あたりの平均を計算しておいて下さい。

FBAの場合は、FBAに納品する際の送料を商品1点あたりに直した金額です。

例えば、1箱に50点商品を入れて、FBA倉庫までの送料が1,000円かかったとすれば20円が商品1点あたりの送料です。(1,000÷50=20)

せどり風神の出品代行を使う場合は、本やCD・DVDなどは送料も全てコミコミで1点120円で全ての作業をしてくれるので120円と入力して下さい。(参考:せどり風神の出品代行


<参考>出品にかかるコスト

出品にかかるコストは、送料以外で商品にかかる経費と人件費の事です。

例えば、このような経費は全て出品コストに含まれます。

    • シールはがし液
    • 納品書を印刷する紙(自己配送のみ)
    • プリンターのインク代
    • 封筒(自己配送のみ)
    • クリスタルパック
    • テープ
    • ラベルシール(FBAのみ)
    • 交換用のケース(CDやDVDなど)

 

厳密には計算できないので、商品1点あたりの金額をざっくり割り出しておきます。

交通費や通信費、ガソリン代など、商品1点あたりに換算できないコストは入れないでください。

これらのコストは月に何点の商品を仕入れるかによって、1商品当たりのコストが大きく変わるからです。人件費はあなたが自由に決めて下さい。

商品1点のクリーニング、出品、梱包、発送にどの程度の時間がかかるかに大きく左右されるので目安は特にありません。ただし、高く設定し過ぎると商品を検索した時に全く商品がひっかからなくなります。

理由は、仕入れ値と必要利益を考慮してそれより価値が上回る商品だけがツールの計算上利益がある商品だからです。実際には人件費の分は売れれば現金として入金されますから、検索段階で弾いてしまってはもったいないのです。

商品が仕入れられないという人は、たいてい人件費を高く見積もりすぎています

外注で、実際にその金額が出て行くのであれば正確に見積もるべきですが、自分で作業する場合は人件費はひとまずゼロとして考えて下さい。一番ムダなのは、仕入れに行って検索したのに1冊も仕入れられない事です。その後の作業は何もありませんから、交通費と時間の分だけ丸ごと赤字です。

仕入れる量が増えすぎて作業がパンクしそうになって初めて、人件費を加算して割に合わない商品を省き、仕入れ量を調節する必要が生まれます。

せどり風神無料

【ツール設定】フィルタ設定

フィルタ(仕入値)の設定は商品をリサーチする前に必ず行っておきましょう。

必死にスキャンしていざ検索!と言う時にフィルタの設定を間違えていた時の絶望感は半端ではありません。フィルタ設定の基本は、目の前にある商品の価格を入力するだけです。

せどりからブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法せどりからブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法
108円商品をリサーチするなら図のように◯◯円均一の欄に108円を入力するだけです。ブックオフ以外なら50円均一や300円均一もよく見ます。

ブックオフだけが仕入れ場所では無いので、行ける店は全て1度行ってみて下さい。ブックオフのプロパーは定価の50%+50円か定価の50%+100円の店が多いですが、実際の店舗の値付けを見て設定して下さい。

近頃はプロパー本も単品管理(半額+αではない価格をつけている)店舗が出てきたので、今後さらに値付けが複雑になる可能性があります。

「半額+α」より高く値付けされる本もあれば、安く値付けされる本もあり、さらに面倒臭がってライバルが減るのが目に見えているので、むしろチャンスと言えます。

もちろん1000円仕入れ→1500円販売でもすぐに売れれば利益は出ますので、この辺りは手持ち資金と相談して仕入れを検討して下さい。


<補足>

定価の◯%+▲円の▲部分はマイナスの値も入力できます。

「◯◯円引きセール」の場合に活用して下さい。さらに◯%セールの場合のフィルタ設定も親切にリンクしてくれていますので確認しましょう。

せどりからブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法

【ツール設定】検索時値付け基準

検索時値付け基準を簡単に言うと、その商品をAmazonで最安値から数えて何番目に出品するのか?という設定です。

あなたが設定した商品のコンディションと配送方法を考慮して、せどり風神が何番目に出品するかを決め、それに基づき価値が計算されます。

値付け基準は以下の5パターンから選ぶ事ができます。

  • 安売・・・最安値の出品者にぶつける
  • やや安売り・・・同じ配送経路・同一品質の最安出品者にぶつける
  • 並・・・同じ配送経路・同一品質の最安出品者より少し高めの出品者にぶつける
  • やや高め・・・あまり使う事はないと思います
  • 高め・・・あまり使う事はないと思います

高めに設定すれば多くの商品が仕入れられるようになりますが、実際にその価格で売れるとは限らないため危険です。中古品(特に本)は一部の例外を除き、相場は下落していくものと考えてください。

あなたがまだせどりを始めたてであれば、評価が少なく売れにくいため最安値で出品しなければなかなか売れません。

よって「安売り~やや安売り」でスタートします。評価が100件ほど貯まれば、状況に応じて並にすればよいでしょう。

最低限の目安として、保有在庫量に対して1日に最低2%の商品が売れなければいずれキャッシュが破綻する恐れがかなり高いので目安にして下さい。(月間在庫回転率60%は死守する)

例えば月間平均1,000商品程度の在庫量で回しているであれば、毎日20商品は売れないと厳しいという事です。

せどり風神無料

【ツール設定】検索時値付け基準の設定の例外

せどり風神の推奨販売価格は前項で説明したルールで決定されますが、一部例外があります。

レビューやランキングがかなり良い商品は、「安売」を選んでも最安値出品になりません。

これはせどり風神の価値計算において次の考え方が採用されているからです。

ランキングが高い商品は需要>供給となる可能性が高いので、無理に最安値にせず、少し高めに出品して最大限利益を確保する

わかりにくければ、だるま落としをイメージして下さい。だるま落としの段は商品です。出品者が10人いる商品であれば、10段のだるまという事です。

コンディション「可」など、特殊なケースを除いては、基本的に安い順に商品が売れる可能性が高いので。だるま落としの段は一番下からドンドン落とされて(商品が売れて)いきます。

出品者たちは新たに出品したり、価格改定を行ったりしてだるまの段を一番下(最安値)に補充していきます。

この時、出品者の補充が追いつかなければ、最初は下から2段目、3段目だった(元々は最安値でなかった)商品が最安値になるタイミングがあります。

そのタイミングであなたの商品が売れれば、元々の最安値で販売するよりも多く利益を取る事ができます。このように激しく段が落とされている(よく売れる)商品では少し高めに出品しても売れる可能性が高いという訳です。

この考え方は他にも応用できるので覚える価値があります。

ツールやマニュアル通りに仕入れて利益を出す事が第一段階なのですが、最安値に惑わされず柔軟に仕入れができるようになればライバルに大きく差を付ける事ができます。

もちろんどの程度値下がりするかはランキングや商品そそものが持つ特徴によっても異なるので、見極めにはそれなりの販売経験が必要です。

これが相場観です。相場観が把握できるようになると無理に最安値にしなくても売る事ができるのでその分利益が多く取れます。

ただし、序盤はストアの評価がないので、出品文と価格でしか他ストアと差別化できませんから、最安値でもどんどん売って評価を集める事が重要です。


【ツール設定】値下がりリスク

中古品の販売では、値下がりは常にあるものと考えなければなりません。

値下がりリスクは、検索時と、実際の販売価格にどれだけの差が出るかを考慮に入れる為のパラメーターです。値下がりについては前述のとおり、中古品は一部の例外を除きいて相場が下落して行きます。

当然ながら、長期間売れなければそれだけ相場が下落する可能性が高まりますから検索時にはじき出された推奨出品価格では売れなくなります。

そこでせどり風神では、予想販売日数に応じて値下がりのリスクをはじき出し、リスク込みの商品価値を計算します。

「値下がりリスク」の設定を変更すると予想売価の値が変化します。

具体例をあげましょう。


まずは値下がりリスクを「かなり大きく下がる」に設定して商品を検索してみました。(他の条件は同じにしてあります。)

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方


推奨出品価格は2,349円ですが、販売に3日間かかると予想されるので、3日分の値下がりリスクを考慮し、「予想売価」は2,297円(2,040円+257円)となっています。

つまりせどり風神はこの商品の値下がりリスクを52円(2,349円-2,297円)と見積もった訳です。結果、この設定での予想価値は1,777円となりました。


次に値下がりリスクを「無し」と設定して同じ商品を検索してみます。(他の条件は同じにしてあります。)

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方


今度は値下がりリスクがありませんから、出品価格の2,349円(2,092円+257円)で売れると考えます。さっきとは売価が違うのでAmazonの手数料にも少し差が出ています。(売価の15%の販売手数料の差額)

結果として予想価値は1,822円となり、さっきと比べて45円差が生まれました。

今回テストした商品はは平均ランキング300位台とかなりの高ランキング商品ですが、ランキングが低い商品であれば、もっと差が大きくなります。ランキングが低いほど販売予想日数が長くなり、その分値下がりリスクも大きくなる為です。


<値下がりリスクの適切な設定とは?>

値下がりリスクの設定次第で商品の予想価値が大きく変わることは前述の通りです。では、肝心の設定はどのようにすべきなのでしょうか。

設定はひとまずデフォルトの「それなりに下がる」を選択しておけば良いかと思います。

そして1ヶ月程その基準で販売してみて、仕入れた時の予想よりも実際に販売できた価格が大幅に安い場合は、「少し大きく下がる」「かなり大きく下がる」を選んでみて下さい。(値崩れする商品を仕入れない為)

高ランキング商品(3万位以内の本など)ばかりを選別して仕入れている方であれば、出品するとすぐに売れていくでしょうから、「無し」や「やや小さく下がる」で大丈夫です。

ゲーム機本体など、値動きが小さいカテゴリーの商品の場合も値下がりリスクは「無し」や「やや小さく下がる」でよいでしょう。値下がりリスクを小さく見積もった方が仕入れられる商品が増えるので短時間で仕入れを済ませられます。

このように、お持ちの在庫にあわせて適宜調節するのが上手な使い方と言えます。

せどり風神無料

【ツール設定】予想販売日数

せどり風神は、以下の情報を基に予想販売日数を計算しています。

せどり風神はレビューの内容を理解できないため、あくまでも星の数を点数化して判断します。

また、仮にレビューの平均が3だったとしても、☆3が10で平均3点の場合と、☆5が5つ、☆1つが5つの平均3点だった場合、後者の方がレビューのポイントとして高く見積もります。

これは、極端な点を付ける方が熱狂的なファン、熱狂的なアンチがいるという理屈で売れやすいと判断するので、販売予想日数が短めになる、という理屈です。

賛否両論のAKBと、誰にとっても当たり障りのないアイドルのCDどちらがたくさん売れるか?と考えて頂けばわかりやすいかと思います。

最後に他出品者数なのですが、これが曲者です。

せどり風神は優秀なツールですが、ここにやや弱点があります。せどり風神は、他出品者数が販売日数に及ぼす影響を考慮しきれていません。

では、どのようなケースが当てはまるのか実例を見てみましょう。


せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方


売れやすさはランキング(需要の量)と他出品者数(あなたの商品が選んでもらえる確率)で決まります。ランキングは4,604位なので毎日数十冊は売れていると考えられますが、もちろん新品が売れていてもランキングに反映されます。

しかも中古の出品者はなんと1000人以上もいます。

自己配送の場合、本体価格を1円より安くできないので、最低でも258円(本体価格1円+送料257円)でしか出品できません。FBAであればもっと安く設定できますが、本のFBA手数料は最低でも200円以上かかります。

カテゴリー成約料+出荷作業手数料+発送重量手数料、さらに販売額の15%と在庫保管量、フルフィルメントセンターに納品する際の送料などの経費がかかります。

つまりよほど安く仕入れない限りFBAでは赤字になります

この商品をせどり風神で検索してみると、ランキングの高さとレビューの高さで販売予想日数は2日と計算されます。

ところがこの商品は1000人以上もの中古出品者がおり、中古の10ページ目より後でも1円出品で埋め尽くされています。

仮に1円で出品したとしても1ページ目に表示させることは困難で、かつ流通量から考えて毎日新たに1円出品が増える事を考えれば、あなたの商品が購入される可能性は極めて低いです。

お分かりのように、2日ではまず売れません。

せどり風神はこの様な状況を適切に読み取ってくれないため、商品によっては表示結果を鵜呑みにすると失敗します。

販売予想日数はあくまでも、現在の出品者数、出品価格が変化しない前提ですので。出品者数が多すぎる、または毎日大きく変動する場合はあてになりません。

ですので、せどり風神でフィルターに引っかかった商品の中から、出品者数が多すぎるものは除外して仕入れていくのが良いと思います。

あくまでも目安ですが、108円仕入れであれば出品者が20人以下(理想は15人以下)プロパー商品は出品者が15人以下(理想は10人以下)あたりを狙いましょう。

それ以上出品者が増えてくる商品は需要<供給の状態ですので、あっという間に値崩れします。

セールで半額で仕入れた、送料の大口契約をしていて安く発送できるなど多少値崩れしても利益が確保できる場合のみ仕入れるべきでしょう。

せどり風神無料

【ツール設定】単独出品時の値付け

せどり風神で商品をリサーチすると、時折価格が異常に高い商品がヒットする事があります。単独出品の商品を検索した場合、出品推奨価格が数万円になります。

こうしたケースでは、ランキングとレビューから「プレミアム倍率」というものを見積もり、定価にプレミアム倍率をかけた価格を単独出品価格として表示します。

要は、せどり風神は在庫なし商品についてはランキングとレビューを元に自動で「俺様価格」を計算してくれるという事です。

ただし、この価格で本当に売れるとは限りませんから、モノレートなどでしっかりと相場や過去の販売データをチェックして仕入れを検討して下さい。

定価が取得できない場合には、「仮定価」というものを参考に計算されます(例:本の仮定価は1,000円)。参考までに、他出品者が少なく定価が取得できない商品の検索データは下図

premium

この商品の定価は税込み1,512円ですが、定価を取得できず1,000円を元に計算されています。

このように、単独出品または他出品者が非常に少ない場合、参考となるデータが少なく、ツールの精度が落ちます。そのようなケースではモノレートでしっかり情報を確認してより慎重な仕入れを心がけて下さい。


【ツール設定】在庫回転率重視

この項目を正しく設定しなければキャッシュが破綻しますので、正しく理解して下さい。

在庫回転率とは、お持ちの商品(在庫)が一定期間内にどれだけ売れたかを示す割合の事です。

例えば、1ヶ月で計100点の商品を仕入れて、仮にその月に全ての商品が売れてしまえば月間の在庫回転率は100%ということになります。また、100点の在庫を持っていて、ある日に3点の商品が売れた場合、その日1日の回転率は3%です。

逆に極端なケースですが、1つも商品が売れなかった場合は回転率0%です。

ある程度在庫があり、売れ行きの良い時(例えば12月など)であれば、月間の在庫回転率は100%を超える事もあります。

在庫が売れないことには現金が手元に入ってきませんから、在庫回転率が悪ければ手元の資金(キャッシュ)が破綻する可能性があります。

では、在庫の回転率はどのくらいに設定すべきなのでしょうか。

扱う商品と、持っている資金量によって基準が変わりますが、最低でも月間60~70%(1日2%以上)は確保したい所です。

理由は、クレジットカードの支払い猶予期間です。仕入れはできるだけクレジットカードで行い、支払いを先延ばしするのがキャッシュフローを健全に保つための王道手段です。

ここでは月末締め、翌月27日払いという最もポピュラーな支払いサイトのクレジットカードを例に解説します。

締日の翌日(毎月1日)にカードで支払ったお金は翌月の27日に口座から引き落とされます。

つまりこの場合は、現金が手元から無くなるまでの猶予期間が約60日あるということです。

一方、締め日当日(月末)に使ったお金は、翌月27日の引き落としですと、その日を含めて28日間しか猶予がありません。よって60日と平均すると全体で約45日の支払い猶予期間がある事になります。

月間60~70%の回転率を維持していれば、45日間で商品が大体1回転する事になりますので非常に健全といえます。よほどの薄利販売で無い限り、これで破綻するリスクは限りなく小さくできます。

もちろん、資金に余裕がある場合は、もっと在庫回転率が低くても問題ありません。販売に時間がかかる(ロングテール)が、利益は多く取れる商品を仕入れて気長に売れるのを待つ、というのも一つの戦略です。


在庫の回転率を上げるには、大きく分けて2つの方法が考えられます。

  1. すぐに売れる高ランキングの商品を仕入れる
  2. 価格を下げて最安値で売る

せどり風神の在庫回転率重視で対策できるのは、この内の1です。在庫回転率重視を変更することによって、予想販売日数に対する売れ残りリスクの計算が変わります。(よくわからない場合は、デフォルトで大丈夫です。)

ちなみに、在庫回転率は以下の6パターンから選べます。

  1. 無視
  2. 低回転許容
  3. 中回転
  4. やや高回転
  5. とても高回転
  6. 即売れ中心

高回転設定にするほど、予想販売日数が長い商品(低ランキングの商品)の売れ残りリスクを大きく見積もります。その分、ツールが見積もった商品の「価値」が低くなり「その商品は仕入れるな」という方向へツールが誘導してくれます。


<不良在庫を減らすために>

標準は中回転ですが、最初のうちは評価が少ないためなかなか売れづらく、売れ残りがかなり多くなります。そのまま進むと月間在庫回転率が50%を切る可能性も十分に考えられますので最初は「やや高回転」か「とても高回転」を選択して下さい。

CDやDVDは本と比べると全体的に売れるのが遅いので「とても高回転」か「即売れ中心」のほうが良いです。

あまり厳しくし過ぎると仕入れられるものが無くなるので、この辺りはバランスを見て調節しましょう。

  • 序盤(評価100程度まで):回転率重視でどんどん売り、資金を転がし、利益と評価を貯める
  • 中盤以降:余裕資金を見ながら徐々に低回転でも利益の高い商品を取り入れていく

という戦略に忠実に進めて下さい。

【ツール設定】限界ランキング

このパラメーターを適切に設定することで、あなたが仕入れたくない商品をフィルタに引っかからないようにする事ができます。

sedorifujin

せどり風神における限界ランキングとは、レビューが全くない状態で、著しく売れにくくなる順位の事をいいます。

レビューの多さや高さは、ユーザーの購入判断に直結する重要情報ですが、せどり目線で考えると、ランキングの低い商品ほどレビューの重要性は高くなります。

なぜなら、低ランキングかつ、レビューの多い商品というのは「みんなが欲しい商品では無いが、一部の熱狂的ファンがいるマニア向け商品」だからです。

同じランキングであっても、レビューの多さ、高さによって売れる可能性が異なるので、レビューが無い低ランキング商品をどの程度許容するかを決定するのがこの「限界ランキング」設定です。

設定上覚えておかなければならないのは、限界ランキングに入力したランキングの1.4倍よりも低いランキングがこの「限界ランキング」の設定対象になるという事です。

非常にややこしいので、具体例を用いて説明します。

例えば、本の限界ランキングはデフォルト状態では「50万位」ですので、この場合1.4倍の70万位までの商品はレビューなしでも通常の価値計算で扱うということです。

70万位より低い商品については、レビューがなければ価値を大きく差し引いて計算しますので、ほとんど仕入れられなくなります。

あなたのお持ちの資金でどれくらい売れ残り期間を許容できるかによって調節してみてください。

ちなみに、これから出品する、または始めたての場合は評価もなくかなり売れづらい状態ですから限界ランキング50万位ではかなり売れ残ると思います。

ですから、35万位~40万位あたりに設定しておくのがおすすめです。

【ツール設定】検索結果を速く表示させる設定

検索して結果が返ってくるまでの時間はムダでしかありません。速かろうが遅かろうが返ってくる結果は同じなのですからなるべく速く結果を知って仕入れるか判断するようにしましょう。

結果を速く表示させるにはいくつかの方法があります。


<せどり風神で表示させる項目を減らす>

検索した商品の全ての情報を表示させると、結果が返ってくるのが遅くなります。必要な情報以外は表示させないようにします。

  • フィルターにひっかかからない商品も表示⇒チェックを外す
  • 風神スカウターの計算式⇒チェックを外す
  • 定価とバーコード(ASIN)⇒OFF
  • キーワード複数商品該当⇒1~3件程度
  • 画像⇒無にボタンを付ける
  • 通知音⇒OFF
  • 再発検索⇒OFF

せどりブログ


<回線の速度を強化する>

これは端末のスペックの話なので、せどり風神事自体とは直接は関係ありません。

格安SIMは少し回線速度が劣るので、表示させるデータをできるだけ減らしてやる必要がありますが、通信費が安いのでおすすめです。

月額ワンコインでせどり専用スマホを使う方法


<スマートフォンを高スペック端末にする>

これも端末の処理速度の話です。基本的に新しい端末ほど処理速度が速いと考えて差し支えありません。

せどり風神無料

せどり風神を最大限に活かす利用方法

せどり稼ぐコツは単純作業の繰り返しを効率よく行うことです。

安く仕入れてきて高く売ればいいだけなので、あとはどれだけ早く見つけて出品するかという効率化が勝負の分かれ目なのです。

よって僕は『ビームせどり×本×自己配送×組織化&外注化』というスタイルを採用しました。

  • まず自分である程度稼ぐ(時給2,000円を超えるレベルまで)
  • ノウハウをマニュアル化する(使っている教材があればそれを渡してもよい)
  • アルバイトを雇って教育する

このステップを最短で進むためには、せどり風神が最も適していた、という事です。(せどり風神にはアルバイト管理機能というものがあります)

というのは全てあなたの成功を遠ざける要素になりますから、大きく稼ぎたい場合はぜひ意識して効率化してくださいね。

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。