せどり風神2の使い方5:検索時値付け基準の設定

せどり風神無料

今回はせどり風神のパラメーター、
「検索時値付け基準」について解説します。

検索時値付け基準の設定を間違うと、
本来は仕入れてはならない商品まで仕入れてしまい、不良在庫化します。

ぜひ検索時値付け基準の意味を理解して正しく設定して下さい。

検索時値付け基準とは?

検索時値付け基準とは、簡単に言えば

その商品をAmazonで最安値から数えて何番目に出品するのか?

という設定です。

あなたが設定した商品のコンディションと配送方法を考慮して、
せどり風神が何番目に出品するかを決め、それに基づき価値が計算されます。

商品の価値については、以下の記事をお読み下さい。

せどり風神の使い方1:ツールの基本概念を理解しよう

値付け基準は以下の5パターンから選ぶ事ができます。

  • 安売・・・最安値の出品者にぶつける
  • やや安売り・・・同じ配送経路・同一品質の最安出品者にぶつける
  • 並・・・同じ配送経路・同一品質の最安出品者より少し高めの出品者にぶつける
  • やや高め・・・あまり使う事はないと思います
  • 高め・・・あまり使う事はないと思います

当然、高めに設定すれば多くの商品が仕入れられるようになりますが、
実際にその価格で売れるとは限らないため危険です。

中古品(特に本)は一部の例外を除き、相場は下落していくものと考えてください。

あなたがまだせどりを始めたてであれば、評価が少なく売れにくいため
最安値で出品しなければなかなか売れません。

よって「安売り~やや安売り」でスタートします。
評価が100件ほど貯まれば、状況に応じて並にすればよいでしょう。

最低限の目安として、保有在庫量に対して1日に最低2%の商品が売れなければ
いずれキャッシュが破綻する恐れがかなり高いので目安にして下さい。
(月間在庫回転率60%は死守する)

常に1000在庫出品しているのであれば、毎日20商品は売れないと厳しいという事です。

検索時値付け基準の設定の例外

せどり風神の推奨販売価格は、基本的に前項で説明したルールで
決定されるのですが、一部例外があります。

レビューやランキングがかなり良い商品は、「安売」を選んでも最安値出品になりません

これはせどり風神の価値計算において次の考え方が採用されているからです。

ランキングが高い商品は需要>供給となる可能性が高いので、
無理に最安値にせず、少し高めに出品して最大限利益を確保する

わかりにくければ、だるま落としをイメージして下さい。

だるま落としの段は商品です。
出品者が10人いる商品であれば、10段のだるまという事です。

コンディション「可」など、特殊なケースを除いては、
基本的に安い順に商品が売れる可能性が高いので。
だるま落としの段は一番下からドンドン落とされて(商品が売れて)いきます。

出品者たちは新たに出品したり、価格改定を行ったりして
だるまの段を一番下(最安値)に補充していきます。

この時、出品者の補充が追いつかなければ、
最初は下から2段目、3段目だった(元々は最安値でなかった)商品が
最安値になるタイミングがあります。

そのタイミングであなたの商品が売れれば、
元々の最安値で販売するよりも多く利益を取る事ができます。

ですから、このように激しく段が落とされている(よく売れる)商品では
少し高めに出品しても売れる可能性が高いという訳です。

この考え方は他にも応用できるので覚える価値があります。

ツールやマニュアル通りに仕入れて利益を出す事が第一段階なのですが、
最安値に惑わされず柔軟に仕入れができるようになれば
ライバルに大きく差を付ける事ができます。

もちろんどの程度値下がりするかはランキングや商品そそものが持つ特徴に
よっても異なるので、見極めにはそれなりの販売経験が必要です。

これが相場観と言うものです。

相場観が把握できるようになると無理に最安値にしなくても
売る事ができるのでその分利益が多く取れます、

どんどん経験を積んで商品やカテゴリーの相場観を養っていきましょう。

ただし、序盤はストアの評価がないので、出品文と価格でしか
他ストアと差別化できません。

ですので、最安値でもどんどん売って評価を集める事が重要です。

最初から欲を書きすぎると失敗するので、
まずはひたすら「売る」事に集中して下さいね。

その中で自然と相場観が把握できるようになってきます。
最初が最も辛いので踏ん張って実践し続けましょう。

それでは、お読み頂きありがとうございました。

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。