【せどりツール】KDC200のバッテリーを長持ちさせる設定方法

どうも、れいじです。

ビームせどりに欠かせないKDC200ですが、買ったままの状態では
すぐにバッテリー切れを起こしてしまいます。

仕入れに悪影響を及ぼしますので、バッテリーを長持ちさせる
設定方法をご説明します。

動画解説

(※動画右下の歯車マークをクリック後、720pを選択して高画質でご覧下さい。)

1.画面の明るさを調節する

デフォルト設定のままでは画面が明るすぎてバッテリーを消耗します。

KDC200自体の画面を確認する場面はほとんどありませんので、
最も暗く設定しておきましょう。

<設定方法>

  1. KDC200本体側面の▲と▼を同時に押し、メニュー画面を開く
  2. 「System Config」を選択
  3. 「Brightness」を選択
  4. ▲ボタンで明るさを1 Levelに設定
  5. 「Save&Exit」で保存
  6. 終了

2.スリープ状態までの待機時間を短縮する

デフォルトの設定では、スキャンし終わった後に、次のスキャンまで
数秒間スリープモードに入らず待機する状態になっています。

これをすぐにスリープモードに入る様に設定しましょう。

<設定方法>

  1. KDC200本体側面の▲と▼を同時に押し、メニュー画面を開く
  2. 「System Config」を選択
  3. 「Sleep Timeout」を選択
  4. ▲で「1 Second」に設定
  5. 「Save&Exit」で保存
  6. 終了

最後に

以上です。

KDC200にしろ、スマートフォンにしろ、バッテリーが切れたらお荷物でしかありません。

常にバッテリーには注意を払ってスムーズにスキャンできる体制を整えておきましょう。

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。