FBAの商品が返品された場合の対応方法【販売不可在庫発生】

FBA販売のデメリットとして最も大きいのが「返品が多い」事です。

当記事では返品された商品に対しての対応方法を解説します。

FBAはとにかく返品が多い

多くの出品者が手放しに

  • FBAはすぐ売れる
  • FBAは高く売れる
  • FBAは楽

と手放しに褒め称えていますが、FBAにも当然デメリットがあります。
その中でも私が最も大きなデメリットと考えているのは返品の多さです。

FBAは返品の際、購入者が直接Amazonに返品手続きをすれば完了で
出品者には返品された後にしか連絡されません。

しかも手続きも非常に簡単なのでガンガン返品されます。

私はせどりを開始した頃は全てFBAで販売していましたが、今は
メール便で送れるサイズの商品は全て自己配送です。(95%以上は自己配送商品)

自己配送の返品はFBAと比較して多く見積もっても10分の1以下です。

実績値として、毎月2,000~3,000点ほど販売していますが返品は1ヶ月に1回あるかないかというレベルですね。

FBAはストア構築当初の評価集めと、自己配送では安く送れない
サイズの商品のみにするのがベストです。

良い商品を揃えて評価数と評価率を高く保っていれば別に
FBAでなくても商品は売れますしFBAを盲信するのはよく有りません。

FBA返品後の手続き

FBAの商品が返品されると2パターンの展開があります。

  • フルフィルメントセンターで再出品可能と判断された場合
  • フルフィルメントセンターで再出品不可と判断された場合

フルフィルメントセンターで再出品可能と判断された場合

この場合はフルフィルメントセンターで自動的に再出品されます。
特に何もする必要はありません。

フルフィルメントセンターで再出品不可と判断された場合

この場合Amazonから画像のようなメールが届きます。

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

この場合、もう再出品できないので一度フルフィルメントセンターから
商品を返送して、状態を確認の上、再度納品するしかありません。

ちなみになぜ返品されたのかは返品レポートを見る事で知る事ができます。

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

この商品は書籍なので落丁・乱丁を除いて「製造上のトラブルまたは不具合」
などある訳ないので明らかに購入者都合の返品です。

もちろんダメージについては詳細にコンディション説明に記載しているのですが、
それでもお構いなく返品ですから、実にモラルのない購入者と言えます。

このような理不尽な返品はFBAを使っている限り無くなりません。
Amazonの購入者はヤフオクと比べて圧倒的にモラルが低いので
いちいち気にしていたら身が持ちません。

淡々と対応するしかありませんね。

販売不可在庫の返送方法

FBA在庫を見ると「販売不可在庫」にカウントされています。

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

「返送/所有権の放棄依頼を新規作成」を選択

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

返送先住所と数量を入力する

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

確認して内容を確定させる

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

Amazonの返品管理は本当にずさん

返品に関する規約では、購入者都合の返品の場合は半額返金と
なっているのですが、Amazonは何でもかんでも全額返金します。

さらに何の問題もない商品でも、Amazonは購入者の言い分しか聞かず返品を受付け、
ろくに返品された商品の状態確認もせず勝手に販売不可在庫にしてくるので
メチャクチャです。

その場合は商品を一度手元に返送後、テクニカルサポートに
問い合わせて半額返金を要求して下さい。

商品に問題がなく購入者都合の返品である旨を強く主張して
初めて半額を返還するので必ず電話で問い合わせるようにして下さい。

Eメールではテンプレの文章で返信されて終わりです。

泣き寝入りせず、おかしな事はおかしいとしっかり主張するようにしましょう。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。