せどりのビジネスモデル

せどりのビジネスモデルせどりのビジネスモデルを理解することで、素早く成果を上げることができます。

ここではせどりのビジネスモデルを理解するために必要な知識をお伝えします。


動画解説


(※再生後、動画右下の歯車マークをクリックして720pの高画質でご覧下さい。倍速で視聴する場合も歯車マークより速度を変更できます。)

はじめに

せどりを成功させる方法として『WWHDメソッド』を紹介しました。

せどりで成功する方法(WWHDメソッド)

ビジネスモデルの理解はその中の『What(何をやるのか?)』にあたります。

ビジネスモデルを理解には次の知識が必要です。

  • 何をすることが『せどり』なのか?(定義する)
  • どのようにして利益が発生するのか?(キャッシュポイントを把握する)
  • せどりを構成する要素は何か?(全体を知る)
  • 最も重要な構成要素はどれか?(焦点を合わせる)

それぞれを説明していきます。

何をする事がせどりなのか?(定義する)

せどりの辞書的な意味は次の通りです。

せどり【競取り・糶取り】

  1. 売買の仲介をして手数料を取ること、またその人
  2. 古書業界の用語で、掘り出し物を見つけて安く購入し、他の古書店に高く転売すること。また、その業者。
    転じて書籍・雑誌を古書店などから購入し、オークションなどを利用して買値より高く売って儲けることなどにもいう。

しかし、ネットビジネスとしてのせどりは少し違います。

商品を本に限定する必要はありませんし、販売先もオークションだけではありません。

利益が出る商品を利益が出る場所で売ればいいのです。

せどりは、

市場で販売されているものを仕入れ、利ざやを乗せて転売することと定義できます。

ただし、以下の2点を満たさなければ厳密にはせどりと言いません、

  • 市場で商品として販売されているものを仕入れる
  • 利益が出るものだけを選んで仕入れる

自分で商品を作ればメーカーですし、メーカー(出版者やレコード会社含む)から
直接仕入れて売ればただの販売代理店です。

そうではなくて、

すでに売られている商品を、別の場所で売るなど販売方法を変えることで
利益を生むのがせどりビジネスなのです。

一般的な小売業のように、売れ残りも覚悟で大量に仕入れてはいけません。
相場や過去の取引を調べ、儲かると分かった商品だけを選んで仕入れます。

ですから極端に失敗するリスクが低いのです。

どのようにして利益が発生するのか?(キャッシュポイントを把握する)

せどりでは商品とお金をお客様と交換した時に利益が発生します。

また、お客様は商品そのものだけを買うのではなく、

  • 発送の速さ
  • 梱包の方法
  • 分かりやすい商品説明

などを全体のサービスとして購入します。

『モノさえ売ればいいんでしょ』という発想では失敗するので注意です。

せどりを構成する要素は何か?(全体を知る)

せどりビジネスは以下の5要素で構成されています。

  1. リサーチ
  2. 仕入れ
  3. 販売
  4. 効率化
  5. システム化/組織化

ノウハウやテクニックは、全てこの5要素いずれかに属します。

5要素の総合力を高めれば大きく、かつ安定して稼げます。

最も重要な構成要素は何か(焦点を合わせる)

『センターピン理論』という有名なビジネス理論があります。

ボウリングでストライクを出す為には、
必ず一番手前にあるセンターピンを倒さなければなりません。

これと同じように、ビジネスを成功させる為に絶対外せない
要素を押さえることをセンターピン理論といいます。

せどりのセンターピンは『仕入れ』です。

せどりは物販ですから、商品が無いことには利益が生まれません。

どれだけ時間とお金を投資しようとも、
商品が仕入れられなければ話にならないのです。

ですから、仕入れになるべく多くのリソースを割けるように
他の要素は徹底的に効率化・組織化・システム化する必要があります。

その一環として、優秀なツールを使ったり
商品の出品コメントをテンプレート化したりするのです。

とにかくせどりの最重要次項は仕入れである事を覚えてください。

最後に

ノウハウやテクニックだけを追い求めると、すぐに限界がきます。

なぜなら、せどりの本質とはズレた事をしてしまい効率が悪くなるからです。

せどりのビジネスモデルを正しく理解した上で
各種の知識・スキルを伸ばしながら実践を重ねましょう。

そうすれば失敗せず、効率的に成功できます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

photo credit: guilhembertholet via photopin cc

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。