せどりの販売先大量まとめ

せどり販売先せどりの販売先というとアマゾンとヤフオクしか知らない人が多くいます。

その他の販売先も取り入れることでライバルが減りますし、仕入れも広がります。

記事を読んであなたのお役に立ててください。

せどりの販売先

せどりの主な販売先は次のです。

オンラインモール

  • アマゾンマーケットプレイス
  • BUYMA(バイマ

ネットオークション

  • ヤフオク!(旧Yahooオークション)
  • 楽天オークション
  • モバオク
  • スマオク

フリマアプリ

  1. Fril(フリル)
  2. mercari(メルカリ)
  3. ClooShe(クロシェ)
  4. LINEMALL(ラインモール)
  5. STULIO(ステューリオ)
  6. キテコ
  7. mixiマイ取引
  8. SHOPPIES(ショッピーズ)

各販売先の特徴

ここからは、各販売先の特徴を簡単に説明します。

アマゾンマーケットプレイス

アマゾンマーケットプレイスはせどりの最もポピュラーな販売先です。

特徴は何と言ってもよく売れることと、決済をアマゾンが代行してくれるので
お客様と直接やり取りする手間がかからないことです。

バーコードのある商品であればアマゾンマーケットプレイスで売るのが最も楽です。

⇒アマゾンマーケットプレイスの詳しい特徴(準備中)

BUYMA(バイマ)

BUYMAの特徴は何と言っても在庫を持たずに出品(空売り)ができる事です。

出品しても売れるまでは手数料がかからないので、
空売りした場合は売れてから仕入れを行います。

ただし仕入れができずに注文をキャンセルせざるを得ない場合は
お客様とトラブルになる可能性があります。

⇒BUYMA(バイマ)の詳しい特徴(準備中)

ヤフオク!(旧Yahooオークション)

ヤフオク!の特徴は会員数が多い事と、何でも売れる事です。

自分で写真を撮ってカタログを作って出品するので自由に販売できます。

オマケを付けて高く売ったり、まとめ売りなど柔軟な販売戦略が取れます。

ただしイタズラ入札などトラブルも多いです。

⇒ヤフオク!の詳しい特徴(準備中)

楽天オークション

楽天オークションの特徴は個人出品が少なく、業者の出品が多い事です。

また、カタログを使って簡単に出品できたり、決済を楽天オークションが
行ってくれるなど、アマゾンマーケットプレイスとヤフオク!の中間の
ような仕組みです。

⇒楽天オークションの詳しい特徴(準備中)

モバオク

モバオクはその名のとおり携帯メインのユーザーが多いオークションです。

若い層や女性が多く、ヤフオクとは売れる物がかなり違います。

また、出品者が自由に取引条件を設定できる点や、値下げ交渉が盛んなことも特徴です。

⇒モバオクの詳しい特徴

スマオク

スマオクは主にブランド品が取引されるオークションです。

スマホで商品の写真を撮ってスグに出品できるなど手軽な事が特徴です。

アパレルやアクセサリー関係を扱う場合は出品を視野に入れるといいでしょう。

2013年11月にできたばかりの新しいアプリなのでこれから成長が見込めます。

⇒スマオクの詳しい特徴(準備中)

Fril(フリル)

フリマアプリ『Fril』の特徴は女性しか登録できない事です。

男性が性別を偽って登録してもFacebookやTwitterのアカウントを
使って厳しチェックされます。

フリマはトラブルが多いのでこのような措置がなされています。

安全な取引を望んでいる人が多く利用者の購買意欲が高いのが特徴です。

⇒Fril(フリル)の詳しい特徴

メルカリ(mercari)

メルカリの特徴は、フリマアプリでありながら幅広いジャンルの商品が
出品されていることです。

大抵のフリマアプリはユーザーの年齢層や取扱いジャンルを絞っているため
属性が合わなけれな出品しにくいのですが、メルカリはヤフオク!の
スマホ版といった感じで使えます。

10代~20代前半はPCを持っていない人も多く、なんでもスマホで取引しますので
本人確認や落札後のやり取りが面倒なヤフオク!はあまり使いません。

⇒mercari(メルカリ)の詳しい特徴(準備中)

ClooShe(クロシェ)

Yahooの子会社が運営するフリマアプリです。

こちらは女性がターゲットでファッション関連の商品がほとんどです。

出品や購入・振込も全て手数料が無料という太っ腹なアプリです。

⇒ClooShe(クロシェ)の詳しい特徴

LINEMALL(ラインモール)

事前審査が全くないため出品しやすいフリマアプリです。

出品者と購入者のやり取りはLINEトークを利用するなど他とは一風変わった
仕組みが特徴です。

いまやLINEの国内ユーザーは5000万人を超える大きな市場ですから
上手に活用したい販売先です。

⇒LINEMALL(ラインモール)の詳しい特徴

STULIO(ステューリオ)

10代~20代をターゲットにしたファッションのフリマアプリです。

モデルや有名人のUSED品が出品されるなど、かなり流行に敏感な
層がユーザーです。

ブランド品や高額品も比較的売れやすいので、ファッション関連の
商品を扱う場合は出品を検討してもよいでしょう。

⇒STULIO(ステューリオ)の詳しい特徴(準備中)

mixiマイ取引

mixiマイ取引は、mixiのユーザー同士で取引ができるスマホアプリです。

mixiにはコミュニティ機能があり、従来から活発に個人間売買が行われていました。

その売買をより安全に行うためにリリースされたのがこのmixiマイ取引です。

あらかじめコミュニティ内でコミュニケーションをとっていれば
購入へのハードルが低くなりますので、上手く活用しましょう。

狭い層に向けて売りますので、リピーター化が期待できます。

⇒mixiマイ取引の詳しい特徴(準備中)

SHOPPIES(ショッピーズ)

ショッピーズの特徴は、スマホ専用である事です。

つまり競合が圧倒的に少ないです。

ユーザーはほとんど女性ですのでファッションやコスメ関連がよく売れます。

若い女性との取引の場合、かなりフレンドリーな問い合わせが来ます。
ぜひフレンドリーに対応してあげましょう。

⇒SHOPPIES(ショッピーズ)の詳しい特徴(準備中)

これからはスマホとフリマの時代が来る

2014年現在はアマゾンマーケットプレイスとヤフオクが圧倒的な
ユーザー数、取引量を誇っており2大販売媒体です。

しかし、今後間違いなくスマホが主流になる時代が来ます。

よってスマホへの対応が進んでいるサイトが伸びます。

加えて消費税が8%となり、今後10%になる可能性があることから
個人間の売買がより活発になります。

なぜなら個人間での売買には消費税がかからないからです。

アマゾンマーケットプレイスでは、消費税が上がるとしっかりその分が
送料に反映されます。(2014年4月の増税時も送料が値上げされました。)

個人間取引は、オークションやフリマが中心ですから、今後
アマゾンマーケットプレイスよりもスマホがアプリの方が伸びしろは大きいのです。

例えばDVDボックスや、ちょっとしたファション関連の商品を購入すれば
すぐに1万円くらいかかります。

現状1万円の取引には800円の消費税がかかりますし、10%になれば1,000円も
消費税がかかるのです。

これは消費税がかかる取引へのモチベーションを失わせるのに十分な水準です。

アマゾンマーケットプレイスとヤフオク以外の販路も今から開拓しておくことで
しっかりリスクヘッジをしておきましょう。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

photo credit: mendhak via  cc

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。