商品の出品後にコメントを修正する方法【アマゾンセラーセントラル】

商品の出品後にコメントを修正する方法
商品を出品した後にコメントを変更したくなる場合があります。

そこで、変更しなければならない場合と変更方法を解説します。

動画解説


720pの高画質再生・倍速再生は再生後に動画右下の歯車マークから変更できます。

コメントを変更しなければならない時

誤字脱字を発見した時

出品コメントに誤字脱字があると、商品がかなり売れにくくなります。

私も以前使っていた定型文で、誤字があるのに気付かず
数ヶ月間販売していた事がありました。

納品書を見て気づいたのですが、修正後しばらく観察を続けていると
注文セッション率が0.1%程向上しました

注文セッション率の0.1%は侮れない数字です。

一般のお客様はアマゾンに個人で出店できる事を知らないので、
あくまで「ストア」が販売していると思っています。

それどころかamazon.co.jpの商品だけではなく、マーケットプレイスの商品も
全てアマゾン自身が販売していると思っている人も少なくありません。

ですから、「ストアっぽさ」の演出が売れ行きに大きく影響します。

アマゾンを利用するお客様の大多数は個人から購入したくはないのです。

お客様が見ているのは出品コメントと価格、ストア名ですから
誤字、脱字は致命的です。

出品コメントの誤字脱字以外にも、素人臭さが出るありがちなミスとして、
文章に記号(!、♪、☆など)や顔文字を使う人がいます。

文章で親しみやすさを感じて貰うのは、ヤフオクやフリマアプリなど
個人対個人の取引の場合に有効な販売方法です。

しかし、お客様はアマゾンのストアに「親しみやすさ」など求めていません。
記号や顔文字を使うと個人の副業感が丸出しなので売れ行きが落ちます。

出品コメントは、商品の状態と梱包、発送形態など、購入の判断材料になる
情報のみを簡潔かつ過不足なく表記するのが一番成約率が高まります。

2.出品後、付録や特典付きの商品だと気づいた

これはよくあるパターンです。

例えば、特にダメージがない本なので「非常に良い」で出品したところ、
実は別冊付録付きの商品で、付録が欠品していた場合などです。

特典や付属品については「ある」「ない」を明確に
書かなければクレームの原因となります。

すぐに商品の実際の状態に合わせて出品コメントを修正しましょう。

コメントの変更手順

セラーセントラルログイン→「在庫管理」

出品後にコメントを修正する方法


出品コメントを変更する商品にチェック→「変更」→「商品を編集」

コメントを変更したい商品の「変更」を選択し、「商品を編集」をクリックします。

出品後にコメントを修正する方法


コメント欄を正しい文章に編集→「保存」

出品後にコメントを修正する方法



出品コメントの編集は以上で終わりです。

最後に

私は自分でもよくアマゾンで買い物をするのですが、他の出品者でも
誤字脱字が目につきますので今回の記事を書きました。

自分で購入する事でお客様目線で見ることができ、サービスの改善につながります。

一度客観的に自分のストア、他ストアを眺めてみてはいかがでしょうか。

では最後までお読み頂きありがとうございました。

photo credit: Chris J Bowley via photopin cc

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。