せどり用スマートフォンの選び方【2014年最新版】

せどりスマートフォンせどりにおいて、スマートフォンは成果を左右する非常に重要なツールです。

せどりに向いているスマートフォンの選び方について解説します。


動画解説


720pの高画質再生・倍速再生は再生後に動画右下の歯車マークから変更できます。

せどり用スマートフォンに求めるもの

通信が安定している

肝心なときに電波が途切れては満足にリサーチができません。
ですから通信の安定性は最も重視すべき項目です。

通信キャリア各社とも、安定性の向上に力を入れていますが、
現在最も安定性が高いのはdocomoの回線です。

私はdocomo、au、SoftBankの大手3キャリア全て検証しましたが
圧倒的にdocomoの通信が安定していました。

特に郊外の店舗での安定性がかなり違いますので、
これからスマートフォンを選ぶのであればdocomoの機種をおすすめします。

格安SIMを使う場合でも、docomoの通信回線を利用するものにして下さい。

私は月額504円で使える「ServersMan SIM」を使っています。
詳細は下記記事を参考にして下さい。

ServersMan SIM LTEレビュー

なお、ガラケーではダメかという質問をよく受けますが、
操作性の観点から圧倒的にスマートフォンをおすすめします。

操作がしやすい

スマートフォンは機種によってタッチ感度など使用感が大きく異なります。
操作性はリサーチの効率に関わるので重要なポイントです。

スマートフォンは中古で十分ですのでヤフオクなどで購入するとよいでしょう。
最新機種は高いので、少し前の端末を狙えば安上がりです

これまでに10種類以上の端末の利用経験がありますが、
操作性が高かったのは次の2シリーズです。

せどりでの使用を考慮して、サイズが大きすぎるものなどは外しました。
なおスペースの都合上、各端末1色のみ掲載します。

iPhoneシリーズ

操作性でiPhoneに勝る端末は今のところありません。

  • 価格が高い
  • KDC200とSPP接続できない
  • 予備のバッテリーパックが使えない

などせどりに関しては弱点もありますが、プライベート用と兼用にするなら最もおすすめです。

※上から順に発売が新しいモデルです。



せどりツールとの相性が良い

あまりに古かったり、マイナーな機種を使うとせどりツールが
対応していない可能性があります。

先程の2シリーズのようにメジャーな端末であればまず大丈夫です。

心配であれば、念の為にツールの運営元に確認しましょう。

まとめ

せどりは仕入れが最も大切であり、その為のリサーチは避けて通れない作業です。

ぜひ性能の良いスマートフォンを使用して、利益を伸ばして下さい。

リサーチ効率が上がれば端末の費用はすぐに回収できます。
利益を生み出すものには積極的に投資しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

photo credit: »GUM« via photopin cc

記事はいかがでしたか?

さらに詳しい情報はメルマガでお伝えしています。また、現在お問い合わせへの返答はメルマガ読者さんに限らせていただいていますので、お問い合わせの際はメルマガ登録をお願いします。(購読無料、いつでも解除できます)

せどりブログ

コメントは受け付けていません。